Isamu Noguchi ”AKARI”

Isamu Noguchi の  AKARI のお取り扱いをしています。

スタッフまでお尋ねください。


以下 オゼキ HPより

僕は自分の作品に「AKARI」という名をつけた、ちょうちんとは呼ばずに。

とイサム・ノグチ氏は言っていました。

明かりと言う言葉は太陽の光や月の光を部屋に入れようという意味からこの

言葉ができ、漢字の文字も日(太陽)と月とで出来ている。

今日あまりにも生活が近代化し機械化した現代人にとって、自然光に近い照

明は憧れに近いものがあり、和紙を透かしてくる明かりには、ほどよく光を

分散させ部屋全体に柔らかい光を流してくれる。

「AKARI」は光そのものが彫刻であり、影のない彫刻をねらった作品である

と語っていたそうです。また、僕にとっては、ガラスやプラスチックよりも

紙と竹と木という、古来のものの方が、どんなに美しく、効果を発揮してい

るかを、いまさら言うまでもない。

外国育ちの僕には特に行灯が畳の生活様式に合ったものとして、興味深く感

じられる。1951年から制作された「AKARIシリーズ」は100作以上も発表さ

れ、’80年代作のUFシリーズを含め、今日も世界中の人々に称賛され、愛用

されています。